「総合内科」として

	doctor are advising patients

診療科目の一種である内科は外傷が見られない体の不調に対して最初に利用することが多く、様々な症状に対処できる柔軟性が重視されます。また、内科での診察や治療の結果によっては他の診療科目に移行することもあるため、受診費用が嵩みやすい点を注意する必要があります。 内科を受診する際は他の診療科目に移されることを考慮して、予算に余裕を持たせるのが患者に求められる心得です。特に小さい子供や高齢者は体調が変化しやすく、病気を特定するためには複数の診療科目の受信が必要になるケースもあることから、事前に医療保険に加入するなど、金銭面の負担を軽減させる工夫が求められます。同じ内科であっても医師の技術力で治療の結果が変わるので、優秀で信頼できる所を選ぶのも体調を良好に保つための条件になります。

内科は体の不調に対する診察を総合的に受け入れて行うため、様々な病状の患者に対して適切に対処できるシステムの構築が不可欠です。また、患者同士の接触が新しい疾患に感染する原因になることから、衛生管理にも細心の注意を払う必要があります。 内科を扱う医療機関では院内での感染を防ぐために部屋の間取りや診療室の構造などに工夫を凝らし、患者同士の不必要な接触を避ける取り組みが進んでいます。内科は多くの病気の診察を行う性質上、患者の年齢層や性別もまちまちです。そのため、体力が少ない子供や高齢者が他の病気に感染する危険性が高いことから、内科を手掛ける医療機関では建物の構造以外に診療の日時を分けたり、往診に限定するなど工夫されています。

ページのトップへ戻る